Laboratory|実験室

Past|過去

Anthro-film Laboratory 23

制作過程のドキュメンタリー映画のブラッシュアップセミナー
映画『Fieldnotes フィールドノート』 撮影/編集:矢野原佑史



制作過程の映画のブラッシュアップを目的とするセミナーを、以下の通り、みんぱくで開催いたします。今回は国立民族学博物館外来研究員の矢野原佑史が、現在制作中のドキュメンタリー映画『Fieldnotes フィールドノート』について発表・解説し、参加者と意見交換する会にいたします。どなたでも参加いただけます。会の詳細は以下を確認ください。

会場:国立民族学博物館4階映像実験室
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
日時:2017年7月18日(火) 16:00-
※参加希望者は前日までに矢野原佑史(yushi.yanohara@gmail.com)へ連絡、ご予約ください


『Fieldnotes フィールドノート』について



現在制作過程にある本映画は、人類学的なフィールドワークの現場において、発表者が用いたフィールドノートの断片を映像と音で表現しようと試みたものです。テクスト主体の民族誌という形式では伝えきれない感覚や感情の領域、ヒトやモノの気配等を「オーディオヴィジュアルなフィールドノート」という形で残していくことを想定しています。本映画を構成する上では「俳句」のフォーマットを用います。俳句のフォーマットを作品構成に取り入れることによって生まれる詩的かつ音楽的な映像表現の可能性を、皆様と議論できれば、と思います。本作の着想と制作のきっかけとなったのは、2006年からベルギーで実施されてきたSoundImageCulture(通称SIC)という映像制作の国際ワークショップ参加にあります。今回のセミナーでは、SICの目的や方向性とSIC参加者の作品も紹介したいと思います。よろしくお願いいたします。


発表者プロフィール

2005年より、カメルーン共和国・東南部熱帯林地域に暮らすピグミー系狩猟採集民の音楽と、同国都市部で若者たちが実践するヒップホップ・カルチャーについて研究。現在、京都大学アフリカ地域研究資料センター研究員、ならびに国立民族学博物館外来研究員。
© Anthro-film Laboratory


Anthro-film Laboratory 22

制作過程のドキュメンタリー映画のブラッシュアップセミナー
『オキナワへいこう』(仮題) 大西暢夫監督



制作過程の映画のブラッシュアップを目的とするセミナーを、以下の通り、みんぱくで開催いたします。今回は映画監督、写真家の大西暢夫氏をお迎えし、氏が現在制作されている『オキナワへいこう』について発表・解説いただき、参加者と意見交換する会にいたします。どなたでも参加いただけます。会の詳細は以下を確認ください。

会場:国立民族学博物館2階第7セミナー室
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
日時:2017年7月6日(木) 16:00-
※参加希望者は7月3日までに川瀬慈(kawase07@gmail.com)まで連絡、ご予約ください


ドキュメンタリー映画 『オキナワへいこう』概要



まだ未完成の『オキナワへいこう』は、精神科病棟とそこに入院する患者さん(精神障害者)のドキュメンタリー映画です。
日本の精神科医療の大きな問題として、長期入院という専門用語がある。
精神科病棟の歴史が長ければ長いほど、長期で入院する患者さんの数も多い印象だ。
入院歴が30年や50年といった常識では考えられない患者さんは日本にたくさんいる。
僕は、日本各地の精神科病棟に16年前から取材を続け、現在も『精神科看護』という医療系の専門誌のグラビア(8p)を連載し続けている。
古い格子のある病院から、現在は明るい新病棟に建て変わったところが多くなったが、昔から入院している患者さんの居場所は、変わらないのが現状だ。
地域移行という言葉が医療側から一般社会に投げかけられるようになったが、実際は長期入院の患者さんの行き場は本当に難しい社会問題になっている。
映画『オキナワへいこう』は、大阪の浅香山病院(堺市)の慢性期(開放病棟)の病棟が舞台になっている。
そこに暮らす患者さんたちのほとんどが長期入院。
その中の一人の女性患者さんの夢は「人生一度の沖縄旅行」だった。それに付いて行きたい患者さんが、他に4人。入院患者が外泊をして沖縄旅行を計画するなんて、聞いたこともなかったが、有志の看護師たちが、「行けばいいじゃん!」と率先して、沖縄旅行を促す。
しかしそれに立ちはだかったのは、主治医だった。
「状態が悪いのに旅行に出せない」という判断だったのだ。
主治医より関わりの深い看護師たちは、状態が悪いという判断に疑問を抱く。
長期入院の原因は幾つか考えられるが、その一つに主治医の権限が盛り込まれる。
自分の主張を主治医の意思決定だけで左右される。病院の中では、自分の判断で暮らせていけないということだ。
結局、沖縄に行けたのは、主治医の違う二人の患者さんだった。
一人は外泊届、一人はそのために退院までした。
感動の沖縄旅行だったが、結局、元の病棟に戻り、退院した患者さんも再入院した。これが精神科なのだ。
全国で100万人以上の患者さんが暮らす精神科病棟。
退院を受け入れる地域の僕たちの意識は、精神障害者の生き方を変える可能性が大いにあるが、病院の存在そのものにも問われることは多いだろう。
たかが沖縄旅行、されど沖縄旅行。その一歩は、閉ざされた社会の塀を越えようとする患者さんたちの社会への訴えが詰まっていた。

撮影/監督:大西暢夫


大西暢夫監督の紹介

1968年岐阜県育ち。
18歳で上京し、東京綜合写真専門学校卒業後、写真家・映画監督の本橋成一氏に師事。1998年に独立。25年間の東京での暮らしから、2010年秋より岐阜県の池田町で田舎暮らしを始める。現在は雑誌などで連載をしている。
ダムに沈む村や精神科病棟で暮らす人々やアールブリュットなど長期取材が続く。

《主な著書》

1『僕の村の宝物』(情報センター出版局)
2『分校の子どもたち』(カタログハウス)
3『山里にダムがくる』(共著:山と渓谷社)
4『おばあちゃんは木になった』(ポプラ社)
  第8回日本絵本賞/日本図書館協議会 選定図書
5『ひとりひとりの人〜僕が撮った精神科病棟〜』
  (精神看護出版)
  日本図書館協議会 選定図書
6『花はどこから』(共著:福音館書店)
7『水になった村』(情報センター出版局)
8『徳山村に生きる』(農文協)
9『アウトサイダーアートの作家たち』(角川学芸出版)
10『ぶた にく』(幻冬舎)
  第58回小学館児童出版文化賞/第59回産経児童出版文化賞 大賞
  ミツバチ文庫(山田養蜂場)
11『糸に染まる季節』(岩崎書店)
12『みつばちとともに』(農文協)
    児童福祉文化賞(5冊セット本受賞)
  ミツバチ文庫(山田養蜂場)
13『東北沿岸600キロ震災報告』(岐阜新聞連載記事・自費出版)
14『3.11の証言 心に留める東日本大震災』(岐阜新聞連載記事・自費出版)
15『津波の夜に 3.11の記憶』(小学館)
    日本図書館協議会 選定図書
16『しいたけとともに』(農文協)
17『ここで土になる』(アリス館)
  2016年 小学校高学年の課題図書

●ドキュメンタリー映画『水になった村』 2007年製作
 (配給:ポレポレタイムス社 第16回地球環境映像祭最優秀賞)
●ドキュメンタリー映画『家族の軌跡 3.11の記憶から』2015年製作
 (山形国際ドキュメンタリー映画祭 上映作品)
●現在、ドキュメンタリー映画『おきなわにいこう』(仮題)を製作中





Anthro-film Laboratory 20

Filming The Everyday:
Poetics of Observation and Sense of Place in Artist, Experimental and Ethnographic Cinema.


Speaker : Becca Voelcker

Date & Time: June 27th, 16:00 –, 2016
Venue: National Museum of Ethnology, 4th Floor, Eizo Jikken Shitsu
(Visual Experiment Laboratory), Senri Expo-Park 10-1, Suita, Osaka
565-8511 Japan
http://www.minpaku.ac.jp/english/
reservation is required by 2 days before the seminar
kawase07@gmail.com

日時:6月27日(月)16:00-
会場: 国立民族学博物館4階 映像実験室
(参加希望者が多数の場合、会場を別室へ変更します。)
〒565-8511 大阪市吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
※発表言語は英語ですが、日本語での議論もOKとのことです。
※参加希望者は6月25日までに必ずkawase07@gmail.comまで連絡、ご予約ください


■Abstract

Watching a film can be like traveling to another place. We smell and feel the film’s sights and sounds, learning about other cultures and perspectives. Unbound from conventional plot or narrative, experimental non-fiction film enjoys freedom in conveying everyday life and sense of place. It can be made by anthropologists, artists, poets, and by you or me— as well as by trained filmmakers. Given the current global context of economic, political and environmental migration, places and identities are changing every day. Shifting patterns of landscape, language, labour and memory mean that attending to issues of place (and displacement) is vital for preserving peace, promoting intercultural understanding, and protecting the environment. This talk looks at ways I have engaged with filmmaking and sense of place through scholarly, artistic and curatorial approaches. It asks what exactly might be meant by ‘sense of place,’ and why should it be held in such high regard in art, anthropology and film studies. Drawing from examples from around the world, including films made at Harvard’s Sensory Ethnography Lab, this talk will attempt to identify some common threads that weave diverse filmmaking practices together. It will also draw from Japanese examples and discuss a curatorial project I am currently developing about Japanese nonfiction film and sense of place. The talk will be in English but please feel free to comment and ask questions in Japanese.


■Bio

Becca Voelcker (b. 1990) is a PhD student and Presidential Scholar at Harvard University. Her research explores how moving images made between artistic and ethnographic practices can communicate senses of place and displacement. Becca grew up bilingually in rural Wales, UK. Before beginning at Harvard, she studied art at Goldsmiths, University of London, and film theory at The University of Cambridge. From 2013-15 she was based in Tokyo, Japan, as a Daiwa Scholar. Although focused on writing and curating, she also has a background in art practice. She has exhibited internationally, and writes for contemporary art journals including Frieze. Website www.beccavoelcker.co.uk


Still from Island (2015) (Becca Voelcker’s film Island, 2015 (28’) traces the rhythms and routines of everyday life on Ishigaki Island, Japan. It premiered in the 2016 Whitstable Biennale, UK)


Anthro-film Laboratory 19【this event is canceled】

Experimental Visual Anthropology: Exploring Colour, the Image and the Other
- Film Screening and Discussion with An van. Dienderen -


Date & Time: April 5th, 14:00 –, 2016
Venue: National Museum of Ethnology, 4th Floor, Eizo Jikken Shitsu
(Visual Experiment Laboratory), Senri Expo-Park 10-1, Suita, Osaka
565-8511 Japan
http://www.minpaku.ac.jp/english/
reservation is required kawase07@gmail.com

日時:4月5日(火)14:00-
会場: 国立民族学博物館4階 映像実験室
(参加希望者が多数の場合、会場を別室へ変更します。)
〒565-8511 大阪市吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access
※参加希望者は3月末日までに川瀬(kawase07@gmail.com)へ連絡ください。
※発表・議論は英語で行います。

■Program

1. “LILI”, 2015, 10’


Nominated best short film award BFI festival London, selected for Experimenta at BFI London, IFFRotterdam 2016, commissioned by Contour 7 Biennale of the Moving Image

In a TV studio a girl named Lili is asked to serve as a so-called China Girl. China Girls, used in cinema history since the 1920’s, are women with Caucasian skin who are filmed alongside a colour-chart in order to adjust the colours of the film. They have no dialogues to memorize or characters to impersonate. All they have to do, is have an impeccable white complexion. Their skin – white as porcelain – is used as a reference for the colour grading of camera and printing, ultimately excluding people of colour who do not conform to this implicit norm. Lili tells the story of one of these China Girls through archival material, found footage and documentary recordings, and questions the tradition of China Girls contextualized in a society, which, according to anthropologist Michael Taussig exemplifies chromophobic uneasiness with color.


2. “Letter Home”, 2015, 10'

Letter Home is a film letter - without the use of narration - in which the touristic images of the artist's trip to Japan are digitally distorted. The basic strategy of this type of digital corruption is copying, which is used in the film to challenge the western perception of Japan as a ‘copying culture’. The sound, by contrast, is not corrupted, thus it helps in structuring the abstract and chaotic images and invites the viewer to project his or her own memories and sensations on it. Letter Home combines aspirations of both the touristic image hunter and the media-archeologist so as to give full expansion to the sensations produced by the digitally distorted and materialistically manipulated images and realistic sounds. Letter Home is made as a diptych with "Cherry Blossoms", which was awarded and presented at such festivals as Fid Marseille, IFFR, Oberhausen, Festival des Femmes Le Créteil, etc.


3. “Cherry Blossoms” 2012, 10'

Screened at Fid Marseille, Oberhausen, Le Créteil, FIDOCS Chili, DMZ Korean international documentary Festival, Leiden Internat film festival, Kasseler DocFest
Special Prize of the Jury at the International Short Film Competition "Monsieur Guillaume" at FIDOCS Chile 2013:

Carly is working late at night in one of the many translation booths in a dark plenary hall of the European Parliament. It is the only place worldwide where everyday work is translated in 23 languages. Carly exerts to translate a documentary about Japanese subculture. Without specific interest for the theme she translates monotonically from the Japanese. Although she initially automatically translates, she is more and more attracted by the punk girls.


■About An van. Dienderen

Filmmaker An van. Dienderen works at the intersection between documentary, anthropology and visual arts. While exploring various documentary strategies and the anthropological relation between self and other, she also investigates the medium of film in a self-reflective way. She investigates the opposition of fact and fiction, imagination and observation, representation and experience, using the importance of the image in our multicultural society as a point of departure. Her work shows the absurd, poetic, and often touching stories that these oppositions can hold in everyday life. (Source Contour7)

She graduated in audiovisual arts (Sint-Lukas, Brussels), obtained a PhD in Comparative Cultural Sciences (Ghent University), and was a visiting scholar at UC Berkeley. She made several documentaries screened worldwide, awarded with (inter)national prizes. Films include Visitors of the Night (’98), Site (’00), Tu ne verras pas Verapaz (’02), The Ephemerist (’05) Patrasche, a Dog of Flanders – Made in Japan (’08), Cherry Blossoms (’12), Letter Home (’15) and Lili (’15). She regularly publishes on visual/performative anthropology, is a lecturer and artistic researcher at the School of Arts Ghent, and initiated the international art workspace SoundImageCulture and productioncompany Elektrischer schnellseher. Her work has been shown on the Margaret Mead Film and Video festival (New York), FID Marseille, DocFest Sheffield, Belluard Festival (Fribourg), DMZ Korea International documentary festival, International Short film Festival Oberhausen, FIDOCS, Festival Internacional de Documentales de Santiago, International Filmfestival Rotterdam, etc and is represented by argos.

More info: http://www.anvandienderen.net


Anthro-film Laboratory 18

ブラッシュアップセミナー

制作過程の民族誌映画のブラッシュアップを目的とするセミナーを以下の通り、みんぱくで開催します。
作品のモード、構成、モンタージュ、字幕作法等に関する、クリティカルかつ建設的な意見交換の場となればよいと思います。参加希望者は会の前日までに川瀬(kawase07@gmail.com)へ連絡ください。
映像制作の経験がない方もふくめ、どなたでも参加いただけるカジュアルな会です。

川瀬慈

日時:1月14日(木)14:30-
会場: 国立民族学博物館4階 映像実験室
※参加希望者が多数の場合、会場を別の部屋へ変更します。
〒565-8511 大阪市吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access


■発表1

中央アジアのスーフィズムをめぐる「民族誌的な映像記録」の制作に向けて

発表者:和崎聖日(中部大学全学共通教育部 全学総合教育科講師)

要旨:中央アジアでは、12世紀後半から、スーフィズム(イスラームにおいて内面を重視する思想・運動)が社会的に大きな役割を果たしてきた。スーフィズムの核のひとつは、神との神秘的な合一体験を目指す修行であるズィクルにある。なかでも、声を出して神の名を連祷する「声高のズィクル」は、中央アジアにおいて、神への畏怖や愛を謳う、または壮大な初期イスラーム史を讃える叙事詩の美しい詠唱とともに、日常生活で直面する病や死へのある種の「治癒」儀礼としても行われてきた。発表者は、中央アジアでタジキスタンと並ぶイスラーム文化圏であるウズベキスタンを地域対象として、この「声高のズィクル」を中心に、スーフィズムと関わりのある宗教儀礼をこれまで記録してきた。本発表では、ソ連時代の反宗教政策を生き延びたスーフィズムの今日の姿を映す「民族誌的な映像記録」の制作に向けておおまかな構成を示したいと思います。

発表時間:50分(日本語での発表)

主な著作:
2015「旧ソ連・中央アジアのウラマー一族と『英知集』」『歴史評論』第783号、2015「中央アジア定住ムスリムの婚姻と離婚」藤本透子編『現代アジアの宗教―社会主義を経た地域を読む』春風社、2015「揺らぐ家族と農村―ソ連解体後のウズベキスタンにおける海外就労とその宗教的帰結―」小島敬裕編『移動と宗教実践―地域社会の動態に関する比較研究―』CIAS Discussion Paper No.47


■発表2

『Berlin Transgression』の制作にむけて

発表者:
てらだゆうき (東京大学大学院)
キュー・レイ(東京大学訪問研究員)

要旨:多様で開放的な都市として知られるベルリンだが、セクシャル・マイノリティーとされる人々は、日々葛藤や暴力を経験している。ユーモアと夢に溢れた方法で困難に立ち向かう5人のパフォーマーを追った。ドラァグクイーンやトランスジェンダーのアーティストとして活動するパフォーマーの多くは、日中は違う職業を持ち、経済的に余裕があるとはいえない状況下で、ナイトクラブの小さなステージに立ち続けている。ベルリンの壁が崩壊し、東西統一から25周年を迎えるドイツ。資本主義というシステムの中で、自由は獲得できたのか。ナイトクラブでのステージと彼らの日常に密着し、社会のさまざまな境界線に挑戦するドキュメンタリーである。(2016年3月完成予定)

This is a story about the daily struggles of drag queens and transsexual artists in what is supposed to be one of the world's most liberal cities, Berlin, 25 years after the fall of the wall. In their search for love and recognition they fight against the violence of social norms in a witty and courageous manner. This project sheds light on the life of performers whose stage is mainly gay bars and fetish clubs. We followed five main characters not only to the back stage but also to their homes where they opened up their hearts about their deepest dreams and desires.

発表時間:50分(英語での発表)

トレーラー映像:https://vimeo.com/130104516
ホームページ:http://berlintransgression.com/
Facebook:https://www.facebook.com/BerlinTransgression
プロフィール:

てらだ ゆうき(監督)
1986年東京生まれ。ロンドン大学政治学科を卒業後、現在東京大学大学院在籍。芸術と社会の関係に幅広く関心があり、ミュージアムの歴史と表現芸術に関する研究を専門とする。2014年訪問研究員としてベルリン自由大学に滞在中、映像人類学のクラスに参加。Berlin Transgressionが監督デビュー作となる。

キュー・レイ(監督)
2014年~2015年までベルリン自由大学訪問研究員。現在は東京大学訪問研究員。経験豊富なジャーナリストとして独自の国際政治雑誌とポッドキャスト(Blynkt)を立ち上げる。2014年にKaskelineフィルムアカデミーを卒業し、Berlin Transgressionが監督デビュー作となる。


Anthro-film Laboratory 17

ブラッシュアップセミナー

日時:7月15日(水曜・休館日)16:00-
会場: 国立民族学博物館4階 映像実験室(青い扉の部屋)
※参加希望者が多数の場合、会場を別の部屋へ変更します。
〒565-8511 大阪市吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access

発表者・作品概要:

作品1.『今日の精霊(前編)』
約16分、日本語字幕
桂悠介(大阪大学大学院人間科学研究科)

青年海外協力隊で西アフリカはマリに滞在中、気づいたら自分の周りに漂っていた「精霊」という存在。帰国後どうしても気になって再度マリに行った際聞いてきました。「精霊って何ですか?」治療師の先生、熱心なムスリム、たまたま出会った人、踊る人、殺される鶏、隣人の鼻歌の中、それぞれにとっての、それぞれの精霊。「精霊なんて存在しない」という声はまだ聞こえてこない?フィールドワークの成果を映像で提示するというより、フィールドワークが始まるプロセス自体が映っていると思います。次回の撮影に向けた前編という位置づけです。よろしくお願いいたします。


作品2.『Between Homes: African Floating in Hong Kong』
28分、英語字幕
許景新/Jerome Xu (香港浸会大/Hong Kong Baptist University)

It's a documentary about African people in Hong Kong. They have different identities in Hong Kong, but most of them are refugees. To some extent, refugee is their lifestyle. They are experiencing the multi-dynamic home in this era of globalization.
※許さんは欠席。参加者からの意見をメールで伝えます。



Anthro-film Laboratory 16

ブラッシュアップセミナー

日時:6月10日(水曜・休館日)14:00-
会場: 国立民族学博物館4階 映像実験室(青い扉の部屋)
※参加希望者が多数の場合、会場を別の部屋へ変更します。
〒565-8511 大阪市吹田市千里万博公園10-1
http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access

発表者・作品内容:


発表者1.林紗記(京都大学大学院人間・環境学研究科)

『新潟県十日町市~冬の記憶~』

(45分)

発表者は2014年の8月の1ヶ月間、新潟県十日町市の山間集落で農業体験インターンを通し地域の夏の暮らしを映像で記録した。今回は2015年1月の1週間、同じく新潟県十日町市の山間集落で雪とともに生きる人々の冬の暮らしに焦点をあてた映像を記録した。松代地区にある竹所集落と人口規模や立地条件などが似通った飛渡地区にある池谷・魚田川集落を撮影地とし、人口減少という同じ問題を抱える集落同士の交流や、どんど焼き・祈寿念仏などの冬の年間行事を記録した。撮影者と被写体の関係性・進化する撮影機器によってどのように映像が変容するのか、撮影地において上映会を開くことによって何が生まれるのか、などについて今後考えていきたい。今回上映する映像はまだ完成版ではなく、みなさまの意見やアドバイスを元にブラッシュアップを行っていきたい。


発表者2.村津蘭(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

『A do fine a そこにいるか』

(77分)

発表者は西アフリカのベナン共和国アラダ市に2012年1月から2014年1月まで2年間、青年海外協力隊員として滞在した。そこで知り合った、アブラヤシ灰の伝統石鹸作りで生計を立てるおばあさんを中心に、その場所で生活する、ということを、 日常の生活と死にともなう儀式を通して描く。



Anthro-film Laboratory 15

於:国立民族学博物館 4階 大演習室
2月17日(火)15時スタート

発表者:
太田光海 社会科学高等研究院(EHESS)社会人類学部
矢野原佑史 京都大学アフリカ地域研究資料センター

コメンテーター:
森田良成 大阪大学大学院人間科学研究科
大森康宏 国立民族学博物館


発表者1 太田光海 社会科学高等研究院(EHESS)社会人類学部

「友情と亀裂の狭間を生きる―パリ郊外の高校生サッカーチームにおけるフィールド体験から—」


本発表では、移民社会フランスにおけるサッカーの位置づけの特殊性とその現状について、修士課程で行った人類学的調査と映像撮影の体験を振り返りながら考察する。脱植民地化に伴う旧宗主国への移民の流入とそれに伴う都市郊外における経済的・社会的不平等が問題となる一方、サッカーは移民系選手の活躍の場として羨望と偏見が入り交じる両義的な眼差しにさらされてきた。だが、肥大化するイメージとは裏腹に、人々がサッカーに実際に取り組む様子やロッカールームでの日常的な光景は十分に伝わっていない。極度に多様化する現代フランス社会の中で、今サッカーをプレーする少年たちはチーム内でどのように関係性を紡ぎ出しているのか?そのただ中に人類学者として飛び込み、自らの身体を媒介にしてカメラに「身を預ける」ことで捉えられるものとは何か?上記の視点から、映像人類学的表現の可能性を探るとともに、博士課程進学に向けた展望にも言及する。


発表者2  矢野原佑史(京都大学アフリカ地域研究資料センター)

「『プロモーション・ビデオの映像人類学』という可能性」


発表者は2006年より、カメルーン都市部におけるヒップホップ・カルチャーとそれを実践する若者たちについて調査を進めてきた。その際、彼らの多くが居住するスラム地区で彼らとともに日常生活をおくり、楽曲や映像の共同制作を行うという調査方法で、彼らの世界観や生活におけるヒップホップ・カルチャーの機能等を考察してきた。 特に、若者たちの世界観をフィクショナルに視覚化するプロモーション・ビデオが、日常生活からは視認できない彼らのオルタナティブな「リアリティ」や時代性を映し出す「イマジネーションの民族誌」である可能性を検討してきた。本発表では、以上の視座より、新しい映像人類学の方向性を指し示す。


・各発表、60分以内です。
・出席希望者は2月15日までに、川瀬へ連絡下さい。
 kawase07〔アットマーク)gmail.com



Anthro-film Laboratory 14

根来祐(ねごろ・ゆう)監督作品
ふたつを見て、考える


日時:2014年12月5日 13:00 -
場所:大阪大学 吹田キャンパス
人間科学研究科 1F インターナショナル・カフェ
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/ja/access.html

入場料:無料
参加ご希望の方は にメールください


摂食障害の仲間たちが語る『そして彼女は片目を塞ぐ』(2001)
自分と母、祖母が語る『her stories』(2010)

9年が経ち、変わったこと、変わらないこと。
監督と、観て、話して、考える。
その時からあなたの周囲が違って見える。

コメンテーター 藤目ゆき(大阪大学人間科学研究科グローバル人間学専攻・教授)
ファシリテーター 田沼幸子(同専攻・助教)



「そして彼女は片目を塞ぐ −Then, She Closes Another Eye—」
(Ⓒ根来祐 2001/ビデオ/57分)
摂食障害という依存症、神経症の世界を、当事者の目で追いかけたもの。
監督本人が摂食障害を抱えているがその視点から自分を取り巻く環境を読み取っていく。
3年越しの彼女たちとの交流で見えてきたものは、かつて少女だった彼女たちの目からみた日本の現状だったと思う。
誰が本当の当事者なのか、あなたの目で確かめてみてほしい。
*山形国際ドキュメンタリ—映画祭2001上映作品



「her stories」
(Ⓒ根来祐 2010/ビデオ/50分)
私、36歳。20代の頃は「仕事が自分のすべて」と思い込み、摂食障害にもなった。
現在はフリーの映像作家として、東京で暮らしている。
母、63歳。結婚、出産を期に幼稚園の仕事をやめ、専業主婦をしてきた。
反対を押し切って上京した娘の人生を思うと、今も不安。
祖母、89歳。実の父が自分と母を捨てた後、日本有数の紡績会社で女工として働いた。
茶道の先生を40年以上続けている。
あなたの生き方を、私は選ばない。
あなたがいるから、私はここにいる。
私・母・祖母…異なっていて、つながっている3世代の女たちの私的ドキュメンタリー




根来祐(ねごろゆう)
岡山県倉敷市生まれ。20歳から10年近く摂食障害を経験。数年自助グループに参加。
映画、テレビドキュメンタリーの仕事を経てフリーに。97年に依存症をテーマに短編を3本制作。01年に摂食障害を扱った長編ドキュメンタリーを制作。祖母、母、自分の三世代の労働とライフスタイルを並べた「her stories」などの作品がある。
消費と依存、モラトリアムと成熟拒否、身体、サブカルチャーにおける女子文化、労働行政と移民政策など様々なテーマで作品制作を続けている。



Anthro-film Laboratory 13

Film screening and Discussion with Kieran Hanson

日時:2014年3月18日 19:30 -
場所:天劇キネマトロン http://amanto.jp/tengeki/access.htm
入場料:500 yen
参加ご希望の方はこちらまでメールください 

Date: March 18th 19:30 - Venue: Tengegi kinematoron
Address: 1-1-18 Nakazakinishi Kita-ku, Osaka-shi, Osaka-fu, Japan
Charge: 500 yen
Reservation is required 


Kieran Hanson will be showing his award-winning film “Shooting Freetown” below. We will discuss about experiments in collaborative documentary filmmaking based on his film projects “Shooting Freetown”, “One Long Journey”, “British Born Chinese” and “Beyond Freetown: The Moa River Journey”.


Shooting Freetown (2011) 29min
A short documentary film, shot in Sierra Leone (May-July 2011)
Director: Kieran Hanson, UK
Camera, Sound, Editing by Kieran Hanson.
Produced as the final project for MA Visual Anthropology,
Granada Centre for Visual Anthropology, University of Manchester.

Website: www.shootingfreetown.co.uk
Facebook Page: www.facebook.com/shootingfreetown
Twitter: www.twitter.com/ShootingFtown

Synopsis:
A decade since Sierra Leone's devastating civil war, from the ashes rises a new dawn of creativity in audio-visual media. Inspired by Jean Rouch's ‘shared anthropology’ and ‘ethno-fiction’, Shooting Freetown follows three people forging their way in film and music in the nation's capital, facing the constant struggles with vision and resourcefulness. By incorporating collaborative video projects, their stories give a fresh image of post-war Freetown - presented to the world through their own lens.

Awards:
WINNER Best Film (Student Short Documentary), Manchester Film Festival 2012
WINNER Espiello Chobin Award (Best Film by a Director Under 30), Espiello International Ethnographic Film Festival 2013
NOMINEE Student Award, One World Media Awards 2012
3RD PRIZE Debut Competition, VI Moscow International Festival of Visual Anthropology

Director Bio:
Kieran Hanson is a film-maker from Lancashire, UK. He attained an MA Visual Anthropology from the Granada Centre, University of Manchester in 2011. His thesis was an ethnographic film project carried out over the summer and autumn of that year in Sierra Leone, West Africa. This resulted in the short documentary Shooting Freetown, plus a number of collaborative video pieces. Shooting Freetown has been selected for festivals all over the world, winning several awards and earning a nomination for the prestigious One World Media Awards.

As part of Manchester based film production and education company All Rites Reversed (www.allritesreversed.co.uk), his roles include Co-Producer on One Long Journey, sound recordist on British Born Chinese as well as Assistant Tutor on the Filmmaking For Fieldwork summer course. Kieran recently returned from several months in Brussels developing audio-visual projects with Think Young. He is currently a guest lecturer in visual anthropology at Yunnan University (China) and is editing his forthcoming Sierra Leone film Beyond Freetown: The Moa River Journey.



セミナー記録:市岡康子氏講演

takuetsu-seminar10.pdf



大阪大学卓越セミナー第10回(コンフリクトの人文学セミナー第94回)

映像制作における異文化理解とその表象

日時:2014年2月28日(金)15:00~
場所:大阪大学吹田キャンパス 人間科学研究科 東館106教室

講師: 市岡康子氏 (テレビプロデューサー/ディレクター)

要旨:
パプアニューギニアの深奥部に広がる大パプア台地に暮らすカルリの儀礼ギサロを主題としたテレビ番組制作の実際から、制作者自身の異文化の理解とその表象に至るプロセスを提示する。
ギサロとは「歌」という意味だが、儀礼としてのギサロは歌と悲しみの相互交換といえるだろう。ふたつのロングハウス共同体の間で行われ、訪問側は4人の踊り手とコーラス団を率いてやってくる。儀礼が始まると踊り手が1人ずつ立って歌い始める。メロディーは一定だが、歌詞はその都度書き換えられ、相手の村の生活圏にある地名、大木の名前などがちりばめられている。聴くほうには、それらのなじみの場所にまつわる思い出(亡き父母のいつも働いていた場所など)に触発され涙を流す者がでる。この時踊り手は賞賛されるが、泣かせた相手にタイマツで背中を焼かれる責めに耐えねばならない。予備知識のない一般視聴者には野蛮とか残酷と取られがちな儀礼の底に流れる意味をどのように把握したかを、制作の時間軸に沿って体験してほしい。


日程:
15:00~17:00 「映像制作における異文化理解とその表象」
『ギサロ――悲しみと火傷』(1987年「すばらしい世界旅行」)の
制作過程にもとづき議論する。

17:20~19:00 「開発への渇望」
『ギサロ』関連作品を紹介し、開発援助のありかたを考える。


講師プロフィール:
元立命館アジア太平洋大学教授。1962年に日本テレビに入社し、「ノンフィクション劇場」「すばらしい世界旅行」などのドキュメンタリー番組の制作を担当。1972年、制作会社日本映像記録センターの設立に参加。アジア太平洋地域を専門に多数の番組を制作し、各地の人びとの生活と文化を克明に描いた。2001年から6年間、立命館アジア太平洋大学でフィールドワークに基づいた映像制作のゼミを担当。大阪大学GCOE「コンフリクトの人文学」(2007-2011)では文化人類学の研究成果に基づく映像作品の制作を指導し、2作品を完成に導いた。著書に『KULA―貝の首飾りを探して南海をゆく』(2005年、コモンズ)などがある。



Anthro-film Laboratory 12

制作過程の映像作品のブラッシュアップセミナー
Works-in-progress seminar

日時:2014年1月31日 16:30 -
場所:国立民族学博物館内 総合研究大学院大学 第1演習室


発表作品1.Po thi

Directed by Eisuke Yanagisawa and Vincenzo Della Ratta
2013/ Hi-Visions/ 34min

“Pơ thi” is the biggest death ritual and ceremony of the Jarai ethnic group in Vietnam. They believe that when someone dies, his or her Spirit is not able to rejoin the ancestors. Only after “Pơ thi” has been celebrated, the Spirit will be able to reach its final destination in the “Village of the Spirits”.Shot in the Central Highlands of Vietnam, this movie summarizes the most significant moments of the “Pơ thi” ritual, from its preparation till the end of the celebration. Parades of disguised figures, animal sacrifices, gong music and dances are performed by the living to please the Spirits of the dead, and to release them from all earthly bonds. Apart from allowing viewers to witness a fascinating traditional ritual, this movie shows us how such traditions continue to exist in the context of modern Vietnam.

Selected in World Film Festival 2014
http://www.worldfilm.ee/


発表作品2.We Don’t Need a Grave
Directed by Satbyul Kim
2013/27min

SHIZENSO is a natural mortuary practice that has no religious affiliation. It scatters cremation ashes of the deceased in the ocean and mountain. During 1990s in Japan, SHIZENSO emerged due to the urbanization and changes in social attitudes towards family and religion. The film recounts stories of members from Grave-Free-Promotion Society (GFPS) who practice Shizenso. It explores not only this unique practice of departing one s beloved ones but also the mixed emotions of those who practice it.



Anthro-film Laboratory 11

Film screening with directors -- 監督と考える、映画のチカラ --

日時:10月18日(金)13:00~16:10
場所:大阪大学(吹田キャンパス)人間科学研究科1階インターナショナル・カフェ
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/access/access.html
※本会は、グローバル人間学実験実習Iの公開授業として行います。参加自由、無料ですが、その点、ご理解ください

ある人々と深くかかわり合いながら映像を撮ってこられた二人の
監督をお呼びして、その作品と試みについてのお話をうかがいます。

以下、監督と作品概要


3限(13:00~14:30)
アートプロジェクト「今日、この島に私がいます」 (30分、日本語)

本アートプロジェクトの紹介について:
「今日、この島に私がいます」とは、映像作家・杉田このみが展開するアートプロジェクト。
ある期間「私」がある「島」に滞在し「やりたいことをやり続けている状態」を作品とする試みである。
来島者とは「出演者」として、カメラで動画や静止画を撮影することや、twitterなどSNSへ出来事を投稿することの承諾書を交わしている。
現在は愛媛県の睦月島で展開。睦月島は、松山市郊外の港からフェリーで30分ほどに位置し、周囲13kmの小島で、人口300人に満たない上に、島民全員が50歳以上という過疎高齢の島である。
睦月島には杉田の父の本家がある。家族親戚や友人らと睦月島に2週間ほどここに滞在し、やりたいことを決める。
2013年9月までに4回実施し、出演者は約100人。これまでに海水浴、釣り、コスプレ、花火、鬼ごっこ、合宿、パフォーマンス、ツーリング、丸刈り、肝試し、猫探し、お絵描き、盆踊り…と、100人の「私」たちは島の人々と交流を深めながら、時には遠巻きに眺められながら島を楽しんだ。

杉田このみ監督
略歴:映像作家。1979年愛媛県松山市生まれ。
2000年より故郷である愛媛県を舞台にした映画を自主制作する。
代表作に「こぎいでな」(2003年)、「日-hitsuki-月」(2007年)、「ふと木歩という名をおもう」(2008年)など。
2007年武蔵野美術大学大学院博士課程単位取得退学。
現在、一橋大学助手、専修大学非常勤講師など。


4限(14:40~16:10)
映画 "We Want (U) to Know" (54 min., English subtitle)
(邦題:何があったのか、知りたい(知ってほしい)) 54分、クメール語、英語

本作は、カンボジアの人々が、クメール・ルージュ裁判のあいだ、痛ましい記憶とどのように折り合いをつけようとしたかを明るみにする。これは参加型フィルムである。村人たち自身がカメラを持ち、クメール・ルージュの時代に何を経験したのかを記録した。その経験を若い世代と共有することで、生き残った人々は30年の沈黙を破り、現在なすべき挑戦に関して力強く語り始めた。木の下の大きなスクリーンは、立ち向かうための公共空間となり、この映画を超えた希望の標となった。

エラ・プリーセ (Ella Pugliese) 監督
略歴:1974年ローマ生まれ。言語学学士、映像人類学にフォーカスした移民研究修士。現在はフリーランスの作家・映像作家としてベルリンに在住。移民に関する事象について、国際研究機関や映像学校、テレビ局と恊働してきた。NGOや小学校、高校などで若者に向けた参加型ワークショップ、大学では自身に関する民族誌(auto-ethnography)や映像制作に関するセミナーを行っている。



Anthro-film Laboratory 10

日時:2013年7月25日(木)15時30分~
場所:国立民族博物館4階大演習室

発表タイトル:
「複製技術の演劇」「地図を演劇にする」

発表者:
あごうさとし (劇作家・演出家・俳優・ロボットオペレーター)

発表内容:
1.「複製技術の演劇」
演劇の複製可能性について検証する連作。
ベンヤミンの「複製技術時代における芸術作品」「歴史哲学テーゼ」等を下敷きに、「パサージュ」というタイトルで上演している。 ・「パサージュ1」登場人物(ベンヤミン)が、演劇の構成を試みる。2012年11月カフェモンタージュにて上演。
・「パサージュ2」観客を舞台に乗せ、観客の身体性が演劇を構成しうるのか探る。2012年12月、やなぎみわプロデュース「駅の劇場」招聘作品。
・「パサージュ3」俳優は登場せず、劇作・演出と観客の身体のみで演劇を構成する。2013年、こまばアゴラ劇場・大阪府立江之子島芸術創造センターにて上演予定。
以上を通じて、演劇作品の複製可能性を検証する。

2.「地図を演劇にする」
報告者が非常勤講師として勤務する天理医療大学にて実施するプロジェクト。
天理市の病院・市役所・神社・商店その他の施設を取材し映像・写真によって記録し、それらを地理関係上に展示する。同時に、俳優は取材先で得た情報・経験を、身体を通じて再現・再生する。観客は、展覧会をみるように、それらの映像や俳優によるパフォーマンスを鑑賞する。以上より、「宗教文化都市」と知られる天理市が内包する力学・空気・歴史性・現代性を再現する。

発表者プロフィール:
あごうさとし
大阪府出身。同志社大学法学部卒業。広告会社でコピーライターとして勤務。退職して、2001年、WANDERING PARTY の旗揚げに参加。第3回公演以降、全ての作品の作・演出をつとめる。2011年劇団解散後は、利賀山房で上演したイヨネスコ作「授業」を皮切りに、「複製技術の演劇」を主題にデジタルデバイスや特殊メイクを使用した演劇作品を制作する。昨今は、平田オリザ氏のロボット演劇のロボットオペレーターとしての活動も加わる。
2013−2014年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニアフェロー。
神戸芸術工科大学非常勤講師/京都造形芸術大学非常勤講師/天理医療大学非常勤講師/心斎橋大学講師。

受賞歴:
日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2007」最優秀賞受賞
2010年度京都市芸術文化特別制度奨励者
「利賀演劇人コンクール2012」奨励賞受賞

近年の活動:
2010 「total eclipse」(作・演出)於:横浜美術館・国立国際美術館
2010 「silent fart, holy fart」(作・演出) 於:京都府立文化芸術会館
2011 「授業」イヨネスコ作(演出・出演)於:利賀山房
2011 やなぎみわ演劇プロジェクト「1924海戦」(脚本・演出助手)
    於:神奈川芸術劇場 大スタジオ
2012 やなぎみわ演劇プロジェクト「1924人間機械」(脚本・演出助手・出演)
    於:京都国立近代美術館・高松市美術館・世田谷美術館
2012 「しあわせな日々」ベケット作(演出・出演) 於:利賀山房
    —複製技術の演劇—パサージュⅠ(作・演出・出演) 於:カフェモンタージュ
    —複製技術の演劇—パサージュⅡ(作・演出・出演) 於:アートエリアB1
2013 青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト「さよなら/働く私」
    (ロボット操作) 於:ジャパンソサイエティー・オハイオ州立大学他

その他:
2006〜2008 ラジオドラマ 京都府人権放送「はたけさんちの夕ご飯」脚本(KBSラジオ 電通関西支社)

ウェブサイト:
http://www.agosatoshi.com/



Anthro-film Laboratory 9

 1979年の革命後、イラン政府が欧米諸国と敵対する一方で、イラン映画はキアロスタミやマフマルバーフなど巨匠を多数輩出し、世界的に高い評価を得てきました。日本にも多くのイラン映画ファンが存在し、両国の映画交流も拡大しつつありますが、映画政策や映画を取り巻く社会状況を紹介する学術研究は、日本ではあまり実施されてきませんでした。「革命後イランにおける映画と社会の学際的研究―権威主義体制下の娯楽と抵抗の文化」(トヨタ財団助成)プロジェクトでは、経済学、歴史学、社会学、ジェンダー研究といった多角的な視点から研究を実施すると同時に、映画関係者とのインタビューを記録し、短編映画として編集することを計画しております。今回は、映像作品の制作が初体験である報告者より、Anthro-film laboratoryにて企画と製作過程の作品を紹介させて頂き、コメンテーター及び参加者の皆さまより、アドバイス、ご意見を頂きたいと思います。

日時:6月18日(火)17時~20時
場所:早稲田大学120-1号館2階201会議室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html


以下、発表者と発表内容

1.貫井万里/早稲田大学イスラーム地域研究機構招聘研究員
撮影地:イラン
研究プロジェクトの概要説明後、短編映画「周縁化 あるいは 非周縁化された女性たち―イラン映画界で生きることTo be marginalized, or not to be marginalized :Women as cinema practitioners in Iran」(監督 Naghme Samini)と「イランと日本の映画交流」(監督 Gotolatollah Zakeri)の企画の紹介と映像(10分~15分程度)上映の予定です。


2. 鈴木均/日本貿易振興機構アジア経済研究所上席主任調査研究員
撮影地:イラン
「イラン地方都市フィールド調査ビデオの上映」と解説(30分~1時間)


3. 司会
川瀬慈/国立民族学博物館文化資源研究センター助教


4.コメンテーター
田沼 幸子/大阪大学大学院人間科学研究科助教
分藤大翼/信州大学全学教育機構准教授


5. お問い合わせ先・共催
早稲田大学イスラーム地域研究機構(貫井万里)
Tel: 03-3203-4748 fax: 03-3203-4840
Eメールでのお問合せはこちら
NIHUプログラム・イスラーム地域研究早稲田拠点(WIAS)「イスラームとジェンダー」研究会



Anthro-film Laboratory 8

「制作中の映像作品のブラッシュアップセミナー」
日時:4月25日16:30-
場所:大阪市立大学・文化交流センター・小セミナー室(大阪駅前第2ビル6階)
以下のリンクを参考下さい。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/academics/institution/bunko/index.html


【会の概要】
人類学研究者がとりくむ映像作品を対象に、制作過程にある作品のブラッシュアップを目的とするセミナーを開催します。
作品の制作目的や公開の方法はそれぞれ異なりますが、各作品の構成と編集について、みなで建設的に意見を交換しあう楽しい会にいたしましょう。

以下発表者、発表内容

1.『ウフィティ・ウリコ(妖術はある!)』(仮題)
発表者:米田亮太/京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
撮影地:マラウィ共和国
7分(制作計画についての口頭発表のみ)

撮影予定地域であるマラウィ共和国では、妖術言説が深く人々の生活に根ざして存在している。また、それらの妖術言説は、地域の伝統医療実践とも密に関係している。しかし、近年、民主主義の導入などにより、「人権」という概念が人々の間で広まりつつあり、妖術言説は人権侵害として、非難の的となってきている。このような状況のなかで、妖術言説をめぐる人々の認識がどのように「ずれ」ているのか、映像によって可視化してみたいというのが、本映像制作の狙いである。


2. 『Sound of Tai Weaving』
発表者:伊藤悟/国立民族学博物館
撮影年:2008年12月
撮影地:中国雲南省徳宏州
5分(字幕なし、音と映像のみ)

音と振動に肉迫した表現によって刷り込まれた身体感覚を喚起できないか模索しています。「からんころん、と綜絖の錘がぶつかりあう乾いた木の音、どしんどしん、と刀杼を打つ音、しゅっ、と筬が経糸を擦る音が何度も繰り返される。
機織の振動が画面に伝わる。腰掛けていた竹の反動ときしみを思い出す。私の手足が音と微妙な揺れに包まれて疼きだす。映像が私の経験と共振する。」

サンプル(当日は再編集版)
http://www.youtube.com/user/satoruasia?feature=mhee


3.『Seven Songs for Mourning: Myel Agwara among Alur 』(仮題)
発表者:田原範子/四天王寺大学
撮影年:2009~2013年 撮影地:ウガンダ共和国、ネビ県、ホイマ県
アルル語(英語字幕)
54分

Myel agwara is the last farewell for the dead, literally means "the dance of long flute" in Alur, spiritually controlled by ambaya, the representation of other world. Since 2005, we prepared myel agwara for Cezario Oungi, the late clan leader. The ritual was held on March 2012 for passing on intangible mores to the future generations. It was performed for the first time since 1987 in Uganda. This film focuses on the songs and practices to portray the everyday life providing us with the opportunity to rethink the meaning of death and other world.


4.『NGAGPA STYLE ~ヒマラヤの在家密教行者の世界~』(仮題)
発表:佐藤剛裕/明治大学野生の科学研究所、ゾクチェン研究所 研究員
撮影年:2010~2012年
撮影地:ネパール ムスタン郡・ドルポ郡
20-30分程

発表者は、ヒマラヤ高山地帯で寺院組織に属さずに村落の祭祀を扱う在家密教行者(ンガッパ)の伝統を研究している。今回の鳥装儀礼と関わりの深い密教舞踊を伝えるドルポ、ムスタン地方の様子を通して、 チベット仏教の古層に迫る。


5. 『soledad y esperanza(孤独と希望) 』
発表者:田沼幸子/大阪大学 
撮影年:2011年ー2013年1月
撮影地:キューバ、アルゼンチン
スペイン語
15分(本編予定時間60分)

長年、第三世界の「希望」となってきたキューバはそれゆえに、理解者となってくれるはずの国外の左翼やヒューマニストからも抑圧を看過ないし過小評価されてきた。それゆえ、国外に去ったキューバ人たちも依然つづく母国の理想化と、それとは相容れない自分をとりまく現実との齟齬に苦しむ。それでも少しずつ、広がりつつある理解と生まれつつある希望の萌芽に光をあてる。


6.『ザフィマニリスタイルのゆくえ』
発表者:川瀬慈/国立民族学博物館(監督川瀬、監修:飯田卓・川瀬)
撮影年:2012年8-9月
撮影地:マダガスカル共和国中央高地
マダガスカル語(日本語字幕)
20- 30分

本作ではマダガスカル中央高地のザフィマニリのものづくりと、それを支える人々の暮らしを紹介します。同時に、ユネスコによる世界無形文化遺産登録や、ツーリズム等、ザフィマニリの社会にもたらされる外部からのインパクトに対して人々や社会がどのように折り合いをつけているかを示し、グローバリゼーションのなかで変容していく無形文化と生業について検討します。



Anthro-film Laboratory 7

詩的かつラディカルな映像表現で知られるアーティスト/人類学者のLaurent Van Lancker 博士が、来月ベルギーより来日し各地で映画の発表を行います。関西では、彼を迎えた以下二つの企画を予定しております。
ご本人が監督された映画の発表を通して、人類学における映像表現の様々な可能性について、議論を深めたいと思います。

『Surya』 上映
会場:天劇キネマトロン 
日時:2月19日 19:30-22:00
Charge: 500 yen

『スーリヤ Surya』 2007, 76min, 英語他
 監督:ローラン・ヴァン・ランカー
 Directed by Laurent Van Lancker
本作では、現代の吟遊詩人たちがそれぞれに異なる言語と朗誦スタイルで、架空の叙事詩を謡い紡ぎ、主人公“名前のない英雄”の命を繋いでゆく。文化の香気、言語の味わい、旅の匂い。我々は語り手から語り手へと旅をする。想像と現実、内なる世界と外の世界、ドキュメンタリーとフィクションの間を振り子のように揺れ動きながら。この抒情詩は、ヨーロッパからアジアにかけての陸路の旅(ベルギー、スロヴァキア、トルコ、シリア、クルディスタン、イラン、パキスタン、インド、ネパール、チベット、中国、ベトナム)を経て生み出された。想像・創造力は、オーディオヴィジュアルパフォーマンスを通し、あらゆる境界を越えて旅を続ける。
※ 作品上映後のディスカッションは、主に英語で行います。


映像作家
ローラン・ヴァン・ランカー Laurent Van Lancker

ブリュッセルを拠点に活動するアーティスト。映画制作(IAD Film School, Brussels)と人類学(SOAS/ロンドン大学東洋アフリカ研究学院)を学び、ゲント大学で芸術学博士号を取得。制作した映像作品は、映画館、アートセンター、美術館、テレビ等、多様な場で公開されてきた。『Ymako』(英国王立人類学協会主催国際民族誌映画祭1998においてバジル・ライト賞受賞)、『雲と移動』(グランプリジュンヌ、アジア映画祭1999)等を発表後、2001年から2012年にかけて『実験的民族誌』と呼ばれる短編ドキュメンタリーのシリーズを制作。自己再帰的/パフォーマティヴ/相互行為的/感覚的/感触的といった様々な映像のモードを探求してきた。長編ドキュメンタリー『スーリヤ』は、ロドス国際映画祭で金鹿賞・観客賞を受賞した他、パリ、ライプツィヒ、ドバイ、ダーバン、マル・デル・プラタ、モントリオール、サンクトペテルブルク等の映画祭で上映された。近年は「拡張されたドキュメンタリー」研究グループ(ゲント大学)に参加し、インターネットによる芸術的なコラボレーション実践プロジェクト【Diwans.org】を完成させている。また教育者としても、ベルリン自由大学、ロンドン大学、ブルキナファソやベルギーの映画学校等で映像人類学や映画制作の指導を定期的に行う。ブリュッセルを拠点とする芸術・映像人類学の国際ワークショップSoundImageCulture(SIC)の中心的な人物でもある。

※【Diwans.org】 http://www.diwans.org
※【polymorfilms】http://www.polymorfilms.be/#/Films/
※【SoundImageCulture】http://www.soundimageculture.org/en


Workshop “Experimental Ethnographies”
(4 作の上映と各作品の方法論や様式に関する監督による解説と議論)
会場:国立民族学博物館内 総合研究大学院大学 第1 演習室
日時:2月20日14:30-17:30

Laurent はベルリン自由大学、ロンドン大学、ブルキナファソやベルギーの国立映画学校等、各地で映像人類学や映画制作の指導を行っています。
ブリュッセルを拠点とする芸術・映像人類学の国際ワークショップ SoundImageCulture ( http://www.soundimageculture.org/en ) の中心的な人物でもあります。
両会ともに定員20 名、議論は英語で行います。



Anthro-film Laboratory 6

「原一男監督と語り合う会」
日時:10月10日(水曜)20時~
場所:アクスム(エチオピア料理)
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-15 丸清ビル5F

『ゆきゆきて、神軍』
『極私的エロス 恋歌1974』等で知られる映画監督 原一男監督をお招きし、エチオピア料理を食べながら、 映画について自由に議論する会にいたします。



Anthro-film Laboratory 5

日時:9月25日 16:30-
場所:大阪大学人間科学研究科ユメンヌ・ホール
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/access/access.html
*事前の参加予約は必要ございません。

上映作品 『IPPO IPPO』

発表者 和氣正太郎 (マンチェスター大学 Social Anthropology with Visual Media, Ph.D Student)
コメンテーター 鈴木和歌奈(大阪大学人間科学研究科博士課程/日本学術振興会特別研究員DC1)

『IPPO IPPO』
日本・ノルウェー 2010年・47分・DV 
監督:和氣正太郎
日本語(英語字幕)

作品要旨:
女性がんサバイバーのマーシャさんは、静岡県がん患者会「一歩一歩の会」が 主催する富士登山に初めてチャレンジする。本作は、この登山に同行し記録 することで、彼女の抱えるジレンマや恐れ、そして希望を照らし出す。 はたして、彼女の得た「病後の人生」とは?英語字幕付き上映。

会の終了後、千里中央駅界隈で、和氣氏を囲んで懇親会を行います。


Anthro-film Laoratory Vol 5.

Date & Time: September 25th 16:30-
Location: Osaka University, Yumennu Hall
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/access/access.html No reservation required.

Presenter/Filmmaker:
Shotaro Wake
(Ph.D. Student. Social Anthropology with Visual Media,
The University of Manchester)

Commentator:
Wakana Suzuki
(Graduate School of Human Sciences, Osaka University, JSPS)


Film:
IPPO IPPO (2010)
Japan and Norway. 47min. DV. Director: Shotaro Wake.
(in Japanese with English subtitles)

Synopsis:
Marsha is a middle-aged housewife with a long history of fighting against serious diseases. This year she has to decide if she is going to participate for the first time in the annual support group event of climbing Mt. Fuji, Japan’s highest mountain. As we follow Marsha in the steps towards her decision, we begin to understand the meaning of her dilemma, and ultimately experience her hopes and fears as we travel along this special journey with her.
This ethnographic film, based on the visual/medical anthropological perspective, raises important questions about quality of life; what does it mean to live a meaningful life, and where and how do you find it?
The film, Ippo Ippo, is a product of director Shotaro Wake’s master thesis project in Visual Cultural Studies at Univeristy of Tromsø, Norway.
For this he conducted a five month fieldwork in 2009 at a local cancer support group, Ippo Ippo, in Shizuoka, Japan. He joined the group not only as a researcher but also as a former cancer patient and became their latest cancer member.

Profile of the filmmaker/Presenter:
Shotaro Wake is currently doing a Ph.D in Social Anthropology with visual media at the University of Manchester. His research project, Japanese Cancer Stories, will explore how patients and their zone of trust re-establish continuity in their everyday lives in Japan. More specifically, Shotaro will look at how they use empathy to communicate emotionally sensitive topics and issues that are difficult to put into words.



Anthro-film Laboratory 4 – "Cuba Sentimental” Series

発表者:
田沼幸子(大阪大学人間科学研究科グローバル人間学専攻助教)
レオニード・ロペス(映画監督、世界遺産修復師、スペイン語講師)

期日:2012年8月22日(水)19:00 -22:00
会場:天劇キネマトロン http://amanto.jp/tengeki/access.htm

上映作品:
『Cuba Sentimental, 旅の記録』(60分)
監督:田沼幸子、助監督:レオニード・ロペス
撮影:田沼幸子、森田良成他

キューバを出国した友人達を追った映像作品『Cuba Sentimental』は山形やドイツ、キューバの映画祭で上映された。同作を観た映画監督らのコメントと、同作の登場人物ら本人がキューバに集まって鑑賞したときの様子とコメントをあわせ、「絶え間ない探求」を続ける、もうそれほど「若い」とはいえない青年たちの姿を描く。

当日は、前作『Cuba Sentimental』の上映のあと、新作『Cuba Sentimental,旅の記録』を上映いたします。

『Cuba Sentimental』
参考URL:http://global.hus.osaka-u.ac.jp/cubasentimental/index.html



Anthro-Film Laboratory 3 - Work-in-progress Film Screening & Discussion

期日:2012年7月19日(木)19:00 - 22:00
会場:天劇キネマトロン http://amanto.jp/tengeki/access.htm

人類学研究者がとりくむ映画、サウンドアート、プロモーション・ビデオ等を対象に、制作過程にある作品のブラッシュアップを目的とするセミナーを開催します。作品の制作目的や公開の方法はそれぞれ異なりますが、各作品の構成と編集について、みなで建設的に意見を交換しあう楽しい会にいたしましょう。

上映作品と発表者:
『無題』
柳沢英輔(国立民族学博物館)
7分、2012年制作
撮影地:大阪、万博記念公園
内容:日常の微細な音とその記録(フィールドレコーディング)に焦点を当てる。iPhoneで撮った未編集のスケッチ的映像。

『How I See』
矢野原佑史(京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科)
4分24秒、2009年制作
撮影地:カメルーン、ヤウンデ
内容:カメルーンの首都ヤウンデで、ヒップホップ・カルチャーを実践する者たちと共同制作したプロモーション・ビデオ。調査者も「ラッパー」として参加することで、調査対象者が創造する世界の考察を試みた実験的作品。

『送霊儀礼ソンコーカオの哭きうた①』
伊藤悟(国立民族学博物館)
20分、2007年撮影
撮影地:中国雲南省
内容:徳宏タイ族は葬儀の数日後、シャマンを招き、死者の魂を霊界に送りだす。儀礼はシャマンのうたによって死者の道行きが歌われる。特徴はシャマンによる様々な精霊のやりとりをうたう一人多役の声の演劇的パフォーマンスである。

『お墓がいらない人たち―変貌する日本の葬送儀礼』
金セッピョル(総合研究大学院大学)
17分、2008年制作
撮影地:日本/東京、神奈川、山梨一帯
内容:現代の新しい葬送形態である自然葬を紹介した映像。自然葬の順序と儀礼行動、個別の実施者たちの自然葬にいたった理由、実施にあたっての心境などを収めた。

『再会の旅』
金セッピョル(総合研究大学院大学)
15分、2012年制作
撮影地:日本/東京一帯
内容:墓という、故人を思い出す可視的な装置をもたない自然葬は、どのような理由で、どのような感情をもって行われているのであろうか。また、自然葬実施者たちはどのように故人に別れを告げ、けじめをつけているのであろうか。本作品は、故人との思い出がある所々に少しずつ遺灰を撒いていく旅を映像に収め、このような問いを探求するものである。

『アナ・ボトル―西ティモールの町と村で生きる』
森田良成(摂南大学外国語学部)
43分、2012年制作
撮影地:インドネシア、西ティモール
内容:西ティモールにある町クパンには、「アナ・ボトル」(空き瓶の子)と呼ばれる男たちがいる。彼らは荷車を押して町を一日歩いて、空き瓶や鉄くず、ダンボールなどの廃品を集め、それらを換金してお金を得ている。町での重労働によって得たお金を、彼らは何に使っているのか?彼らのお金の稼ぎ方・使い方から、物やお金の価値、「貧しさ」について考える。

ファシリテーター:
石倉敏明(明治大学野生の科学研究所)
川瀬慈(国立民族学博物館)



Anthro-film Laboratory 2 - "Sense"

発表者:
松山のぞみ(龍谷大学非常勤講師)

期日:2012年7月17日(火)19:00 - 22:00
会場:天劇キネマトロン http://amanto.jp/tengeki/access.htm

Senseをキーワードに人類学を再考する議論があります。本会では、かならずしも言語に還元されない、合理的に論証されえない感覚(五感+α)や記憶、欲望、想像等の領域のオーディオヴィジュアルな探求と記述、について映像作品を見ながら考えたいと思います。
特に、マンチェスター大学映像人類学修士課程The Visual & Sensory Media pathway学位フィルムや、ブリュッセルを拠点とする人類学者とアーティストの協働ワークショップSoundImageCulture(SIC)、映画監督の松山のぞみさんの作品等を上映いたします。
以上より、Senseのオーディオヴィジュアルな記述の多様な試みについて検証します。

上映作品:
"In the realm of unconscious desire"
(3min, 2006) Nozomi Matsuyama
A short experimental piece expresses a young female photography student’s desire in her dreams. Things that she likes and wants in her real life are always reflected in her dreams even if it was something that she didn’t want to know.

"Silent Noise"
(16min, 2007) Nozomi Matsuyama
Jo has been disturbed her sleep by baby crying next door. There has always been a baby’s buggy outside the neighbour’s door but she’s never seen a baby. However, when she hears news about her sister, things start to change in her surroundings.



Anthro-film Laboratory 1 - 民族誌映画祭の報告と上映会

発表者:
川瀬慈(国立民族学博物館 助教)
田沼幸子(大阪大学人間科学研究科グローバル人間学専攻助教)
伊藤悟(国立民族学博物館 外来研究員)

期日:2012年6月12日(火) 17:00-21:00
会場:国立民族学博物館内 総合研究大学院大学 第1演習室

近年盛んな民族誌映画祭(ethnographic film festival)は、文化人類学の新たな理論的潮流をうみだす母胎として、メディアアートや映画界をも柔軟に包摂しつつ各国で展開しています。しかしながら、民族誌映画祭について日本ではあまり知られていないのも事実です。そのようななか当映画祭の現状について情報交換する場をもちたいと思います。

まず、伊藤悟さんにロンドンRAI国際民族誌映画祭とエストニアWorldFilm国際民族誌映画祭について、田沼幸子さんにケベック国際民族誌映画祭とゲッティンゲン国際民族誌映画祭について、ごく最近に作品を発表された立場からご報告いただきます。川瀬慈は、5月に開催されたゲッティンゲンの民族誌映画祭・学生映画部門審査、ならびに各学派の作品様式の近年の傾向に関してご報告いたします。そのあと当映画祭・学生映画部門の作品をいくつか上映し、ディスカッションいたしましょう。

上映作品:
第11回ゲッティンゲン国際民族誌映画祭( http://www.gieff.de/ )より

【Best Student Film】
"Looking at Themselves - Babaluda Luda" (34')
- Romania -
Mihai Andrei Leaha (Romania)

【Honorable Mention】
"My Kosher Shifts" (23')
- Great Britain-
Iris Zaki (Israel)

【Honorable Mention】
"I Filming" (47')
- China, Yunnan, Shilin -
Lijun (China)